松本法人会とは

松本法人会の概要

法人会とは?

税金は昔、お上からいくらときめられた賦課制度から、戦後自分で計算して申告する自主申告制度に変りました。
正しい申告、そして合法な節税をと法人有志が集い、税法研究会が作られました。これが法人会の前身です。

松本法人会の沿革は?

昭和40年4月、松本地区法人会連合会が結成され、更に会員数も拡大し、強固な基盤のもとに充実し、かつ責任ある事業運営を行なうために、昭和48年6月25日に関東信越国税局長の認可を得て地区連を社団法人に改組。その後、公益法人制度改革に伴い、平成25年4月1日、一般社団法人へと移行しました。
地区連結成当時の会員数は僅かに300社でしたが、年々充実発展し、現在では約4,300社の会員数となり、全法人のおよそ60%の法人が会員となっています。
詳細は「松本法人会の沿革」をごらんください。

名称 一般社団法人 松本法人会
創設 1965年(昭和40年)4月1日
社団法人化 1973年(昭和48年)6月25日
一般社団化 2013年(平成25年)4月1日
会長 神澤 陸雄
会員数 4,301社、加入率56.8%(2017年12月6日現在)
役員 90名(理事58名、運営審議員29名、監事3名)
委員会 6委員会(総務、研修、組織、広報、税制、厚生)
部会組織 35部会(業種部会2、地域部会33)
部会長-副部会長(地区長)-部会理事(グループ長)-会員にて構成されます。
1グループあたり10~15名の会員がいます。
青年部 会員で50歳未満の経営幹部が集まる法人会本会の下部組織です。
女性部 会員で女性経営幹部及び経理担当者が集まる、法人会本会の下部組織です。
事務局 本部事務局(旧松本市内20部会事務局を兼務:職員3名)、
及び各部会事務局(上記部会以外の16部会事務局、商工会議所または
商工会委託15部会事務局、同業組合事務局委託1部会事務局があります。)
青年部
女性部
租税教育活動
会員企業紹介
広報誌まつもとほうじん